【写真】ホキ美術館/日建設計

Pocket
email this

 千葉市の南東部にあるホキ美術館に行ってみました。外房線土気駅からバスが出ているので(普通の市バスです)10分もあれば行けます。歩くと20分くらい。
 日本で唯一の写実絵画専門の美術館とのことですが、なんといっても建物がかっこいいことでも話題です。湾曲した3つのコンクリートと1本の突き出た鉄の空間が印象的。
 ギャラリーに行くと本当に写真しかありません。普通は大きな作品になればワイヤーで吊るされていたりするもんですが、ここのはびっちりと壁に垂直に配置されています。というのも前述のとおりギャラリー自体が鉄製なので、マグネットでがっちり固定されているんですね。純粋に絵と向き合えるというわけです。
 不定期で館内散策ツアーを開催しているので定期的にチェックされるとよいでしょう。




From nearest bus stop. It is so far from Toke Station, so you should visit there by bus or car.
最寄のバス停から。土気駅からは遠いのでバスを使いましょう。。。私は歩いていきいましたw


Museum plate on the concrete wall.

アプローチ


Hoki Museum’s concourse. Concrete passage is welcomed visitor.


Entrance passage. all concrete!


Hoki Museum’s around entrance view. It is like shell.
入口近くです。大きな曲線でビジターを迎いいれます。

ギャラリースペースはオール鉄製


Hoki Museum is in residence area. Floated part of passage, three or four pipes(inside gallery) is crossing randomly. In Japan, rounded architecture is very rare, I don’t know why.
日本にもこんなデザインの建物があったことに感動です。千葉市都市文化賞2011(建築の部)という賞もとっています。




Floating “pipe” is gallery space, so it is very unique structure in Japan.
伸びている管のような部分は展示スペースなのですが、完全に中に浮いていて独特の存在感があります。背景を見るとわかりますが、ものすっごい住宅地のど真ん中にありますw


This box is made by steel. so displayed art works are hung magnet. :)
突き出た画廊部分です。ここは全部鉄製なので、絵画はマグネットで掛けられているそうです。


The edge of steel structure. Feel like surrealism.
画廊部分の先端です。すこし超現実な世界を感じれる?

コンクリートの曲線


Gallery space is 9 sections. consist of 1 steel block and 3 or 4 concrete blocks. some galleries are in the ground.
コンクリ要塞を正面から。地下2F相当くらいまでギャラリーは続いています。


Many steel bars is imagined trees. They show continuous space between steel tees ang forest of background.
鉄の棒は木をイメージしていて、奥手の公園の林との連続性を演出しているとか。工事中ではありませんw


Nothing nature, concrete rush, on walking woman.
この角度だとコンクリ天国なのであります。

建物正面


The edges of museum. square concrete blocks is looks fun.

Young girl was interested in a big window. I think, touching all of the art architecture in childhood, is very important to grow their senses.
小さい頃(意識しない頃)からこういった芸術作品に触れることはとてもいいことだと思います。PLフィルタ持って行けばよかった・・・涙


ギャラリー

 すべての写真をFlickrで見る

2014-09-15_details_of_hoki_museumphoto_15096173440 2014-09-15_details_of_hoki_museumphoto_15273751601 2014-09-15_details_of_hoki_museumphoto_15273753731 2014-09-15_details_of_hoki_museumphoto_15282886245 2014-09-15_details_of_hoki_museumphoto_15297580591 2014-09-15_exterior_view_of_hoki_museumphoto_15249449211 2014-09-15_girl_through_the_window_of_hoki_museumphoto_15259968621 2014-09-15_hoki_museumphoto_15113947189 2014-09-15_hoki_museumphoto_15121199490 2014-09-15_hoki_museumphoto_15127592179 2014-09-15_hoki_museumphoto_15127815327 2014-09-15_hoki_museumphoto_15127825907 2014-09-15_hoki_museumphoto_15246038632 2014-09-15_hoki_museumphoto_15304786261 2014-09-15_stair_to_entrance_of_hoki_museumphoto_15255860992 2014-09-15_the_facade_of_hoki_museumphoto_23531758930


建物概要

ホキ美術館 (Hoki Museum).
Architect : Nikken Sekkei (設計:日建設計).
Contractor : Obayashi Corporation (施工:大林組).
Completed : September 2010 (竣工:2010年9月).
Structured : Reinforced Concrete (構造:RC造).
Costs : $40 million (総工費:約40億円).
Use : Museum (用途:美術館).
Height : ft (高さ:m).
Floor : 1 (階数:地下2階、地上1階).
Floor area : sq.ft. (延床面積:3,753㎡).
Building area : sq.ft. (建築面積:1602㎡).
Site area : sq.ft. (敷地面積:3,860㎡).
Location : 3-15 Asumigaoka-higashi, Midori Ward, Chiba City, Chiba, Japan (所在地:千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15).




使用機材

Nikon D600
Tamron SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD

Adobe Photoshop
Adobe Photoshop Lightroom
    



参考サイト

工事実績 ホキ美術館 – 大林組
ホキ美術館 新しい設計手法BIM – 日建設計
建築について – ホキ美術館
2012年第7回日本構造デザイン賞 ホキ美術館 – 日本構造家倶楽部





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください