【話題】山手線品川-田町間の新駅のイメージが公開。隈研吾氏設計

Pocket
email this

 JR東日本がJR山手線の品川駅-田町駅の間に建設する品川新駅のプロジェクト「” target=”_blank”>品川開発プロジェクトにおける品川新駅(仮称)」の概要を発表しています。

 デザインアーキテクト設計は隈研吾氏で、全体としては和をイメージ。屋根などは障子をイメージし白い屋根が光を透過しているところがイメージにも見られます。2020年春に暫定開業を目指して建設が進む。街開きは2024年頃とのこと。
 

品川新駅-1
Photo by 東日本旅客鉄道株式会社

品川新駅-4
Photo by 東日本旅客鉄道株式会社

品川新駅-3
Photo by 東日本旅客鉄道株式会社

品川新駅-2
Photo by 東日本旅客鉄道株式会社

 駅舎東西面に大きなガラス面を設けコンコース階に1,000㎡のき抜けを設けています。コンコース内の温度上昇を抑えるため、屋根に日射反射率の高い膜材を使用するとのこと。



建物概要

内容は現時点で公表されたもの。
Design architect : Kengo Kuma (デザインアーキテクト:隈研吾建築都市設計事務所).
Architect : JR East Architects (設計:東日本旅客鉄道㈱ 東京工事事務所 東京電気システム開発工事事務所JV(JR東日本コンサルタンツ、JR東日本建築設計事務所)).
Contractor : Obayashi Corporation (施工:大林組、鉄建建設JV).
construction start : September 2016 (着手:2016年9月予定).
Structured : Steel frames (構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造).
Floor : 3 (階数:地上3階、地下1階).
Height : 98ft (高さ:約30m).
Floor area : 81,805 sq.ft. (総床面積:約7,600㎡)
Location : Minato Ward, Tokyo, Japan (所在地:日本国東京都港区).



参考サイト

品川開発プロジェクトにおける品川新駅(仮称)の概要について – 東日本旅客鉄道株式会社




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください