【写真】芝川ビルディング/澁谷五郎、本間乙彦

Pocket
email this

 生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2016にて一番お気に入りだった建物。芝川ビルです。今回はここをご紹介したいと思います。

 90年前から鉄筋コンクリート造(RC)があったのも「へえそうだったんだ!」と驚きですが、耐震耐火を目的とした建築性能に重きを置いてRCが採用された例としては最初の方だったのかな…と思うところです。(そういう出典は無かった。著者予想。)

 外壁の装飾がやけに独特なところがまず気になりますよね。これは南米のマヤ・インカ文明をイメージしているとのことです。なるほど、欧米でもなくオリエンタルともちょっと違うモヤモヤした心が晴れます。南米には行ったことないけど納得。きれいな状態を維持されているのも修繕をしているおかげでもあります。
 
 内部に潜入すると、おしゃれなお店がいっぱい。アクセサリーショップやカフェ・レストランが入居しています。全室入居していたと思います。通路は薄暗いがこの方が雰囲気があっていいですね。探索してドアを開けると華やかなショップに辿り着く楽しみがあります。
 利用され続けることも建物の寿命には大切ですね。愛されている建物なんだろうなと感動。
 屋上は、夏場はビアガーデンになっているようですよ。近代建築と一杯交わすことができる貴重な場所ですね。

There are many postmodern building as masterpiece. Shibakawa Building is especially popular. Love this.


ギャラリー

 すべての写真をFlickerで見る場合はこちらから。
  Shibakawa Building by Takahiro Yanai – Flickr

Letterboxes of Shibakawa Building (芝川ビルディング) Cafe Stair space of Shibakawa Building (芝川ビルディング) Rooftop of Shibakawa Building (芝川ビルディング) Stair space of Shibakawa Building (芝川ビルディング) Inside of Shibakawa Building (芝川ビルディング) Inside of Shibakawa Building (芝川ビルディング) Handrail of Shibakawa Building (芝川ビルディング) A door of Shibakawa Building (芝川ビルディング) Facade of Shibakawa Building (芝川ビルディング)


建物概要

Shibakawa Building (芝川ビルディング).
Architect : Goro Shibuya (設計:澁谷五郎、本間乙彦).
Contractor : Takenaka Corporation (施工:竹中工務店).
Completed : 1 July 1927 (竣工:1927年7月1日).
Structured : Reinforced Concrete (構造:RC造).
Costs : $ million (総工費:約25万円 (当時) ).
Use : Office, store (用途:事務所、店舗).
Height : ft (高さ:m).
Floor : 4 (階数:4階).
Floor area : 17,502 sq.ft. (延床面積:1,626㎡).
Site area : 5,166 sq.ft. (敷地面積:480㎡).
Location : 3-3-3 Fushimicho, Chuo Ward, Osaka City, Osaka, Japan (所在地:日本国大阪府大阪市中央区伏見町3-3-3).


使用機材

Nikon D600
Tamron SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
Tamron SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD

Adobe Photoshop
Adobe Photoshop Lightroom
    

参考サイト

芝川ビルの歴史 – 芝川ビル
商業利用の登録文化財建造物の管理と社会的評価について – 大阪府登録文化財所有者の会
生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2016

コメントを残す