【SEO】WORDPRESSの「The ‘og:type’ property is required, but not present.」エラーを解消する方法(のひとつと思われる)

Pocket
email this

 2017/7/10投稿分からついにOGP自体がエラーを発するようになり、なんと記事の共有ができなくなってしまった。刃牙なら「くそっっっ~~~~!!!」と叫んだだろう。
 TwitterでもGoogle+でもFacebookでも「そのURLは無効」だという。本当に最悪。なんか恨みでもあんのとか思う。

 もうアナログチックだけど1こ1こ現象を確認して潰していった結果、予想通り直った。いつもはとりあえず動けばいいやで対処していたが今回は根本対策をねったので、同じ現象にハマった人は参考のひとつにしてみて下さい。
 
 なおプラグインにAll In One SEO、Jetpack、Google XML Sitemapsの3つを入れている方向けと思われます。

結論

 まず結論だけ言います。以下の設定にすると直りました。

  All In One SEO : 有効。
  Jetpack : 有効。ただしソーシャル設定はOFFにする。
  Google XML Sitemaps : 停止。

 ポイントと思われること。

  • All In One SEOとJetpackの両方がOGPを生成していたのが問題だった様子。
  • SEO系のプラグインとGoogle XML Sitemapsは相性が悪い様子。


1.ググって、よくある方法を試す

 ググるとよく出る解決法です。これらは私の環境では解決できませんでした。

  • All In One SEO設定を見直す。
  • All In One SEOとかJetpackプラグインを入れ直す。または停止してから有効化してみる。
  • Facebookデバッガで[Fetch new scrape information]する。


2.OGPの重複を解消する

 まずog:typeが記事中にどう書かれているのかを見るために、ブラウザのF12キーを押して確認してみました。すると、なんとog:typeが3つも記載されていました。まずこれは変だろうと解釈して潰すことにしました。

 一方、[All In One SEO]→[ソーシャルメディア]を開き、[ソーシャルメタ情報をスキャン]を実行したところ3点エラーが出ました。

  • Duplicate Facebook Meta og:type
  • Duplicate Facebook Meta og:description
  • Duplicate Facebook Meta og:image


「タグが重複しています。」とのこと、あたりかな。というかネットでこれを検索すると重複している人なんか一人もいないから困った困った・・・。
 さて3つのOGPを生成する容疑者リストの内訳は以下のとおり。

  1. All In One SEOが生成するOGP
  2. Jetpackが生成するOGP
  3. 埋め込みされたGoogle Mapが生成するOGP →昔から実装してるから彼ではないと判断。

 まず、3のGoogle Mapを一時コメントアウトして無効化しました。これで2つに減りました。
 次に、2のJetpackのOGP機能を止めました。これで1つになったはずですね。実際に更新をして、サイトをF12で確認したところ、ちゃんとog:titleog:typeが1つになりました。グーだね。

 って思うでしょ!? 直らないの!! 「The ‘og:type’ property is required, but not present.」って言われる。

 こっからが地獄。ハマった。
 
 そうきたら反転する作戦。Jetpackを有効にしてAll In One SEOを停止してみました。これもOGPは1つになります。だけどダメなんです。同じエラーが出る。(この辺から発狂しかけています。CGプログラミングは死ぬほど好きだがネット関連が大嫌いな理由がここにある。もう、まじで、大嫌い。)

  ↓↓↓今の状況↓↓↓

  All In One SEO : 停止
  Jetpack : 有効。ソーシャル設定ON
  Google XML Sitemaps : 有効


3.別のSEO系プラグインを入れてみると発見がある

 「もうこの2つはあかん。よくわかんないけどなんか変だ・・・。」と判断し、JetpackAll In One SEOは停止しました。
 代打が必要ですので第三者のSEO系プラグインを入れてみることにしました。Yoast SEOというプラグインをインストールです。そして有効化します。すると直後に「Google XML Sitemapsと機能的に被る部分があるからGoogleのやつ止めていいっすか?」って訊いてきました。

The Google XML Sitemaps plugin might cause issues when used in conjunction with Yoast SEO.
Both Yoast SEO and Google XML Sitemaps can create XML sitemaps. Having two XML sitemaps is not beneficial for search engines, yet might slow down your site.
Configure Yoast SEO’s XML Sitemap settings
Deactivate Google XML Sitemaps

 ん? 「もしかしてGoogle XML Sitemapsが悪さしている???」と思えてきました。というよりこいつを入れた記憶がないんだけど・・・何のために入れたんだろう? ますます不信感が募ります。
 
   ↓↓↓今の状況↓↓↓

  All In One SEO : 停止
  Jetpack : 停止
  Google XML Sitemaps : 有効
  Yoast SEO : 有効



4.Google XML Sitemapsを停止してみる

 Google XML SitemapsYoast SEOを止めてみました。Yoastさん素敵なヒントをありがとう!!
 で、改めてAll In One SEOを有効化。
 この状態でFacebookデバッガで[Fetch new scrape information]をすると、でた! まずひとつの解がでました。最悪OGPが動きます。一安心。


5.最終確認

 最後に色んな組み合わせを実験してみました。

5-1.Jetpack有効化でソーシャル設定OFF

 この状態からJetpackを有効化し、ソーシャル設定は無効にした状態でデバッグをしてみても、大丈夫でした。グーだね。
   ↓↓↓5-1の状態 : OK↓↓↓

  All In One SEO : 有効
  Jetpack : 有効。ソーシャル設定OFF
  Google XML Sitemaps : 停止
  Yoast SEO : 削除

5-2.Jetpack有効化でソーシャル設定ON

 ついでにJetpackのソーシャル設定も有効にすると、エラーになりました。やっぱりOGPは複数あっちゃいけないみたいことがわかります。
   ↓↓↓5-2の状態 : NG↓↓↓

  All In One SEO : 有効
  Jetpack : 有効。ソーシャル設定ON
  Google XML Sitemaps : 停止
  Yoast SEO : 削除

5-3.結論がでました

 ということで結論は以下の組み合わせに至ります。終わり。

   ↓↓↓最終設定↓↓↓

  All In One SEO : 有効
  Jetpack : 有効。ソーシャル設定OFF
  Google XML Sitemaps : 停止
  Yoast SEO : 削除


最後にぐちる

 一日にこれほど「くそっ」ってぼやいた日はないほどにまじでイライラした。何の達成感もない。元に戻っただけだから。3日に分けて食べようと思ってさっき買ってきたロッテのチョコパイ(6個入り)を1時間で食い尽くしちゃったよ。まったく。

コメントを残す