【話題】奈良公園内に和風ホテル。開発業者に森トラスト。デザインは隈研吾氏。2020年春

Pocket
email this

 少し前ですが2017年3月14日に奈良県が『吉城園周辺地区保存管理・活用事業』について、優先交渉者を発表しました。森トラストが選定されました。

外観
邸宅の佇まいを継承し、周辺環境と調和した計画により名勝の価値を高める。

Images by 奈良県

 この計画は「畏敬の夜・神秘の朝、奈良らしさを世界へ」という事業コンセプトが掲げられています。「漆黒の夜に灯る火のゆらぎ、若草山から昇る朝日、この場所でこそ感じられる奈良の歴史と自然を、最高級インターナショナルホテルブランドと日本を代表する建築家と共に表現し、奈良らしさ、奈良そのものを世界へ発信する。」ということだそうです。
 施設運営については箇条書きで7つの要素が挙げられています。

施設整備運営の7つの要素

  1. 最高級クラスのインターナショナルホテルブランドの誘致
  2. 隈研吾氏による、奈良の歴史ある風景を現代に昇華した建築デザイン
  3. 奈良公園全体を活かした多用途の宿泊施設機能
  4. 生物多様性に配慮した植栽エリアの造成
  5. 地域との連携体制の構築
  6. 奈良の食と産物の世界的な認知度の向上
  7. 地域の記憶の保存と発信

 デザインは隈研吾氏で、イメージパースまでは公開されています。

 この地区は「様式は和風建築のみで、規模は2階まで」という厳しい条件ですが、隈氏にとっては制限でも何でもないような内容だと思いますし、皆を驚かせてくれる作品にしてくださることに期待したいです。

 開業は2020年春を予定。


内観
 既存建物の特性を活かしながら、庭園と一体となった上質な宿泊施設を整備。


Images by 奈良県




建設予定地

 奈良公園の吉城園周辺。




参考サイト

吉城園周辺地区保存管理・活用事業について – 奈良県
奈良公園内のホテルは規制だらけ…高さ2階建てまで デザインは新国立競技場設計の隈研吾氏 – 産経WEST
奈良公園内にホテル 開発業者に「森トラスト」 – 毎日新聞
隈研吾が建物のデザインを担当して、奈良公園内にホテルがつくられるそう – architecturephoto.net


コメントを残す