【撮影】360度パノラマカメラで面白く撮影するための方法あれこれ(サンプル動画あり)

Pocket
email this

 360度パノラマカメラ市場はまだまだ拡大途上、家電量販店などに行く度に新しいメーカの製品が登場していてしのぎを削っていて、活気があっていいですね。買う側から見るとちょっと多すぎて選びきれなくなっているのはやや困りますけどね。最近はGARMINのVIRB 360なんかも気になりーの。5.7K(2880×2880)画質です。
 さてさて。まだ少ない時間ながらも360パノラマカメラでいろんな撮り方で遊んだり、他の方のとり方を見たり聞いたいしていると本当に新しい発見があります。なにか発掘ゲームをしているようです。この感覚は一眼レフをやってきた時では味わったことのないものでして、なんていうんでしょうねPCでプレビューしてみるまで想像のつかないときめき感がたまりません。
 そんな中から一部の撮り方をご紹介。あくまでもいじりまくった経験則を基にした情報ですので理屈とは合わない部分もあるでしょうが、いずれの方かの参考になればよいかなと思います。
 またもっといい方法があれば教えてください。


屋外で、太陽と機材の向きに注意する

 写真は晴れの日に撮りたいですよね。ですがパノラマカメラってわりと晴れが天敵だったりします。
 例えば、太陽に対して垂直に機材を向けて撮影してしまうと、片側のカメラにばかり極端に強い光が当たってしまい補正しきれず、スティッチの際に上手く処理されない事があります。

 これを解消するためには、太陽と機材の向き関係を意識したいところですね。




VR上で近づいた画を撮りたければ、くっつくギリギリまで近づける


 VRで接近した画が欲しいなと思ったとき、どのくらい近づいて撮影すればいいかよくわかりませんよね。近づけたい場合、対象物とほぼくっつくくらいまで近づける必要があります。具体的には3、4cm以内とか。

 以下の動画は清澄庭園の池にいる鯉を録ったものですが、もうくっつくギリギリです。2cmくらい。こっちの手が震えても、鯉がいきなり喰らおうとしてもNGな距離感です。
 これからわかることは、360度パノラマ撮影においての接写とはこの画が物理的な限界だと言えます。これはこれで理解しておくと有益だと思います。

 そして、地面すれすれで撮影しても問題なくリトルプラネットになります。私は地上50cmくらいの位置でないと球体にならないと思ってたのでちょっと意外でした。これもわんちゃんの鼻先から5cm、地上20cm程度ですが十分ですね。




機材の位置を頭上とか手前にしてみる

 持ち方も一工夫するだけで全然違う絵が出てきます。

頭上


 手元に持つのはよくやる方法ですが、頭上に持ってくるのは画的に安定するのでハズレが少ない気がします。
 自分のつむじを永遠に晒す行為でもあるので(笑)、この方法をとったときは下極にウォーターマークを載せてしまうのが有効でしょう。確実に自分を消せるし、編集も楽です。

手前


 または棒を水平に持てば自分が歩いている姿を撮ることができます。この時、機材の水平とかはほとんど気にしなくてもいい点が楽。膝の高さでも、肩の高さでも画的には似たようなものが出てきます。(こだわりだすと全然違うんですが。)たぶん一般的に期待されている画はたぶん自分のへその高さでしょう。肩の高さとかにすると見下ろしている画になります。
 あと、歩き方に工夫がいるかもしれません。私はO脚でもなければガニ股でもなく、まっすぐな方だと思っていますが、なんかオネエみたいに映ります。普通に見える歩き方を試していますが見つからず。




自転車に乗って、ヘルメットに装着


 GoProやVIRBといったアクションカムであればヘルメットに装着する専用器具があったりするので使っていきたいところです。自転車に乗る最大のメリットはスピード感でしょうか。上手く表現したいところです。(こちらは模索中…)

     

  • ※:絶対、必ず、周囲に人がいないことを確認しましょう。
  • ※:これに起因するあらゆる事件・事故は一切私の責任ではありません。あなた自身の責任です。安全第一がすべてです。安全を怠り事故が起きれば他人のせいにするから事故がなくならないのです。やる前に、やったらどうなるか考えましょう。




三脚で固定して、その周囲を移動する


 たしかSIGGRAPH 2017(シーグラフ)のYouTubeで紹介されていた映像を見て私もやりだしました。SIGGRAPHはざっくり言うと老舗の最先端CG見本市でして、そんな場所ですから世界最先端の映像表現を勉強できます。おすすめ。
 リトルプラネットであれば、カメラから5mくらい遠ざかるとプラネット外郭に位置している程度のイメージです。




参考サイト

ACMSIGGRAPH channel – YouTube
ランナー-絵文字-スポーツ-高速-ブラック-305189 – pixabay
Run – Pictogram Free
[No.0823] ロダンの考える人 – HUMAN PICTOGRAPH 2.0
15955-魚アイコン – ICOOON MONO
サイクリングのピクトグラム3 – ICOOON MONO


コメントを残す