【話題】青森県平川市新本庁舎のコンペの最優秀案はNASCA・八洲・構

Pocket
email this

 青森県は平川市新本庁舎のコンペの最優秀案にNASCA、八洲建築設計事務所、構設計(台湾のMede Go Designのこと?)の共同企業体が選ばれました。

 最大の特徴は白を基調とした正三角形のおむすびのような建物がどかんと置かれたような形状。
 ①ロングスパンの鉄骨フレームを採用することで免震装置を減らすなどの経費節減に貢献する予定で、②外壁などの性能向上により45%の省エネ達成が見込めるというのが選定理由のひとつだそうです。

 設計プロポーザルとしての最優秀案であって、完成は2020年度末(~2029年)を目指しているとのことですから、デザインは最終的には結構調整はいりそうですね。


外観

内観




平面図




敷地図





建物情報

Hirakawa City Hall (平川市新本庁舎).
Architect : NASCA, Yashima Architects & Engineers, mede go design (設計:NASCA・八洲・構).
Contractor : (施工:).
Complete : 2029 (竣工:2020年度の末予定).
Structured : Steel Frames (構造:鉄骨造).
Costs : $52.5 million (総工費:約52.5億円).
Use : City hall (用途:市庁舎).
Height : ft (高さ:m).
Floor : 3 (階数:地上3階、地下1階).
Floor area : sq.ft. (延床面積:7,200㎡).
Building area : sq.ft. (建築面積:㎡).
Site area : sq.ft. (敷地面積:23,000㎡).
Location : 25-6 Fujiyama Kashiwagimachi, Hirakawa City Aomori, Japan (所在地:日本国青森県平川市柏木町藤山25-6).


参考サイト

新本庁舎建設設計業者選定プロポーザルについて 最優秀者と契約しました 【平成29年10月10日(火曜日)掲載】 – 平川市
平川市新本庁舎建設設計業者選定プロポーザル – 平川市
青森県平川市の新本庁舎建設設計/三角形のユニークなデザイン – HANJOHANJO
青森県平川市:新本庁舎・事業費約52億! – kyoto-seikei
青森県平川市新庁舎設計プロポーザル最優秀賞 – NASCA
構設計 – Facebook

コメントを残す