【話題】妹島和世氏設計の日本女子大学目白キャンパスの新図書館が着工

Pocket
email this

 妹島和世氏は日本女子大学出身であることは知られているところですが、日本女子大学は創立120周年を迎えたそうで、それを機に新たな体制・設備に変えていくようです。
 学科の統合などもありますが、中でも2021年度までに東京・目白キャンパスの建物が大きく変わる点に注目です。
 グランドデザインが妹島和世氏に決まっていますが、新図書館は着工が始まり、起工式が10月5日に行われています。

 建物は妹島氏らしく白で統一されているようで、壁面はすべてガラス張りの透明感の高いものとなる様子。これとは別にラーニングコスモスという学生センターみたいな(?)建物も同様に注目です。


新図書館棟の模型

新図書館棟(イメージ図)

Image from 日本女子大学




建物情報

Japan Women’s University, Library (日本女子大学目白キャンパス図書館棟).
Architect : Sejima Kazuyo and Associates (設計:妹島和世建築設計事務所).
Contractor : Shimizu Corporation (施工:清水建設).
Complete : 31 January 2019 (竣工:2019年1月31日予定).
Structured : Steel frames (構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造).
Costs : $ million (総工費:約億円).
Use : Library (用途:図書館).
Height : ft (高さ:m).
Floor : 4 (階数:地上4階、地下1階).
Floor area : 73,583 sq.ft. (延床面積:6,836.15㎡).
Building area : 21,168 sq.ft. (建築面積:1,966.6㎡).
Site area : 36,364 sq.ft. (敷地面積:3,378.45㎡).
Owner : Japan Women’s University (建主:学校法人日本女子大学).
Location : 1-18-4 Mejirodai, Bunkyo Ward, Tokyo, Japan (所在地:日本国東京都文京区目白台1-18-4).

参考サイト

日本女子大学120周年記念事業 新図書館棟新築工事 起工式 – 日本女子大学
日本女子大学目白キャンパス図書館棟 – 建設データバンク
新図書館のお知らせ – 日本女子大学


コメントを残す