【写真】おりづるタワー/三分一博志建築設計事務所

Pocket
email this

 三分一氏の作品は関東にはほぼほぼ無いものですから、せっかく西に行ったら一気におじゃましたくなる気持ちはわかってもらえると思います。ということで一昨年オープンしたおりづるタワーにおじゃま。
 原爆ドームの隣にもともとあった広島マツダ大手町ビルを改修するプロジェクトです。
 景色は素晴らしく西向きのため夕日が見える角度も完璧です。行く時間帯は夕方一択か!?

建物

屋上フロア『ひろしまの丘』に行き来にはエレベーターでも良いですし、こちらのスロープでも行けます。スロープの途中に滑り台があるので忙しい人はこれを使って降りると早いのです。
Slope of Orizuru Tower (おりづるタワー)

『ひろしまの丘』からは広島市街が一望できます。ちょうど西を向いているので夕日を見るには最高のロケーション。
全面木で施工されていて段々になっているのであらゆる観客が自然とその辺に座って景色を眺めていました。クッションも用意されているのでそれを使うこともできます。
季節によって営業時間が異なります。
Observatory of Orizuru Tower (おりづるタワー)

夜になると行灯があちこちに配置されています。こちらはひろしまの丘に登る手前のスリット。
Observatory of Orizuru Tower (おりづるタワー)

改修時に耐震性を高める工事も行われています。環境への配慮を考慮しているとのことで、日光遮蔽ヴェールなどを配置してるそうです。比較対象よりも30%削減できるとのことです。(何と比較しているのかは不明。)
また施工前のプレゼン資料によると、活性型耐震補強をすることでCO2削減50%、エコの坂道を作ることで50%削減に貢献するそうです。ちょっと私には難しいくてよくわかりませんでしたが、そういうことみたいです。

おりづるタワーを訪れた方のブログなどのほとんどの方が触れていますが、入場料が1,700円します。ちょっと高いかも? 別料金で500円払うと折り鶴を投下できる体験ができたりしますが「え? それ入場料に入ってない?」とツッコミそうになりましたが、そういうシステムとのことです。エコではないと思ったため断念。
また1階には『握手カフェ』という独特なコンセプトを持つカフェがあったり、全体的に独自性が強い印象でした。

 
Image from 広島マツダ大手町ビル改修工事‐おりづるタワー‐ – 株式会社広島マツダ

撮影許可

 OKです。ただし三脚使用はNG。

From west, opposite bridge. Atomic Bomb Dome is also illuminated lighting.


ギャラリー

 すべての写真をFlickrで見る

2018-08-18_slope_of_orizuru_towerphoto_44435116181 2018-08-18_on_1st_floor_orizuru_towerphoto_44266929371 2018-08-18_observatory_of_orizuru_towerphoto_46137743562 2018-08-18_observatory_of_orizuru_towerphoto_45275841095 2018-08-18_observatory_of_orizuru_towerphoto_44371732972 2018-08-18_observatory_of_orizuru_towerphoto_44371002420 2018-08-18_observatory_of_orizuru_towerphoto_43367824985 2018-08-18_observatory_of_orizuru_towerphoto_42387081780 2018-08-18_observatory_of_orizuru_towerphoto_31249067347 2018-08-18_observatory_of_orizuru_towerphoto_29652777007 2018-08-18_observatory_of_orizuru_tower_in_equirectangularphoto_30379418978 2018-08-18_full_view_of_orizuru_towerphoto_44205787232 2018-08-18_full_view_of_orizuru_towerphoto_43504150505

Observatory of Orizuru Tower in equirectangular (おりづるタワー)


建物概要

Orizuru Tower (おりづるタワー).
Architect : Hiroshi Sambuichi (設計:三分一博志建築設計事務所).
Contractor : Fujita, Masuokagumi (施工:フジタ、増岡組JV).
Completed : September 2016 (竣工:2016年9月).
Structured : Steel frames (構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造).
Costs : $70 million (総工費:約70億円).
Use : Office, Commercial facility (用途:事務所、商業施設).
Height : 168 ft (高さ:51.5m).
Floor : 14 (階数:地上14階、地下2階).
Floor area : 124,760 sq.ft. (延床面積:11,590.63㎡).
Building area : sq.ft. (建築面積:㎡).
Site area : sq.ft. (敷地面積:㎡).
Owner : Hiroshima Mazda (建主:株式会社広島マツダ).
Location : 1-2-1 Otemachi, Naka Ward, Hiroshima City, Hiroshima, Japan (所在地:日本国広島県広島市中区大手町1-2-1).

施設情報 (Visit)

営業時間:10:00 – 19:00 最終入場18:00(7-9月は9:00 – 20:00 最終入場19:00) (Opening hours)
休館日:1/15、1/16、12/31 (Closing day)
入場料:1,700円 (Admission fee)
備考:当日中であれば何度でも再入場可能。

アクセス (How to access)

 一番歩かなくて済むのは広島市電かと思いますが、循環バス+徒歩などの手段もあるので確認してみてください。 
広島電鉄 2広電宮島行き or 6江並行き
区間:広島駅 → 原爆ドーム前駅
所要時間:15分
運賃:180円
電子マネー:◎ Suicaが使えました。

※2018年9月17日現在の情報。念のため公式サイトをご確認ください。

使用機材

ボディ:SONY α7Ⅱ
レンズ:TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD
レンズ:TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD
マウントアダプター:RAYQUAL NF-SαE

現像:Adobe Photoshop Lightroom
   

参考サイト

コメントを残す