カテゴリー: 地図

地図

【地図】隈研吾氏特集:実際に訪問した隈氏の国内作品50件+α

 隔週ペースで建物をおじゃまして建物見学をさせてもらっていますが、主に隈研吾氏かSANAAの作品が多いのはこれまでもご覧いただいていたとおりです。  気づいたら今月の上旬で隈研吾氏設計or外装・内装デザインの建物の訪問が50件を突破していました。  ということで! 数もキリがいい続きを読む…

地図

【地図】一日で巡る広島市街建築マップ(モデルコース有り)

 建築マップシリーズもついに5回目を迎えるわけですが、この街を忘れていました。個人的についつい訪れてしまう都市TOP3に入っている広島市、いつもお世話になってます。居心地いいですよね。ごはんうまいですし。都市としては基本的には広島駅南側から海沿いが中心部となるわけですが、もちろん続きを読む…

地図

【地図】日帰りで巡る金沢市街の建築マップ

 富山も良かったのですがやっぱり北陸でおそらくの最大の観光地:金沢の建築を徹底的に攻めたい! と思ったことはあるでしょう。コンパクトに・いい具合に建物が市街に点在しているんです。そしてそれぞれがかなりかっこいい。気づいたら私も何回も行ってましてリピーターと化しています。  金沢は続きを読む…

地図

【地図】優良建築作品が集うアツい街、山形県鶴岡市の建築マップ

 先日から秋田県の建物を紹介させてもらっているのはご存知のとおりですが、このとき山形県の鶴岡市にもよりました。  当初はSANAAの最新作『荘銀タクト鶴岡』の見学だけを目的に寄るだけの鶴岡に寄るのはおまけ程度なプランだったのですが、観光スポットをよくよく調べていくうちに鶴岡市は一続きを読む…

地図

【地図】日帰りで巡る新潟市建築マップ

 2年前ほどに新潟におじゃましましたが気になる建物が集中しているベリナイスな地域です。交通網の整備も良好で、レンタカーなしでも十分お目当ての建物を見学しに行けます。  新潟日報メディアシップのように今っぽいオフィスビルだなあと思う王道から、新居千秋氏の見た目が派手な建築や安藤建築続きを読む…

地図

【話題】建築マップ大幅増強しました。ありがとう半年で35,000アクセス

 毎週1物件ずつ紹介する建物グラビアと、それにあわせて1件1件プロットしていっている建築マップですが、半年ほどで閲覧数が35,000を超えておりました。あらま! 当初「半年で5,000くらいいけばいいや」とか言ってましたが思ったよりも伸びがよろしいのです。    なになに~みんな続きを読む…

ニュース地図

【妄想】イケフェス東京版を開催するとしたらどこが見たいか好き勝手に考えてみる

 さて今年も大阪:イケフェスの時期が近づいてまいりました。たぶん東京の方は、というか近畿以外の方はあまり聞き覚えのないイベントかもしれません。一応去年特集させてもらったのですが関東にいる限り話題になったことはないのが実情。  さて今回は、この大阪で人気の建築イベント『生きた建築ミ続きを読む…

地図

【地図】日帰りで巡る富山建築マップ

 久しぶりの地図シリーズ。  私自身が①日帰りか②1日1都市ていどのスピードで建物を見学することが多いので、他の方にも参考になるかもと思って作っています。今回は富山市です。  個人的に注目しているエリアで、実際に訪れてみても、建物の密度・人々の混雑具合・都市開発のバランス的な方面続きを読む…

地図

【地図】桜と一緒に撮りたい都内のビル20(その1)

 去る3月21日、東京都内にて桜の開花宣言がされましたね。ということで「今年こそはビルと桜を一緒に撮りたい!」という方のお役に立てれば幸いです。な情報を。  過去に撮影したものですが、探したら結構あったので何度かに分けてまとめてみました。 地図 &#0続きを読む…

地図

【地図】2015年に竣工予定のビルまとめマップ

今年も多くの建物に出会えました。特に東京はオリンピックに向けて信じられないほどの勢いで再開発を進めています。 来年も勢いは衰えず。日本橋~八重洲を中心に竣工ラッシュが予定されています。永代通りなんかは1年後には完全に別の街になっているのではないでしょうか。 地図 個人的にパースを続きを読む…

地図

【地図】村野藤吾建築マップ

 村野藤吾氏の優しい曲線を改めて見ると感動を覚えますね、日本的ではない、どこか別の世界を思い浮かべてしまいます。ということで改めて村野建築を調べてみようと思い、最終的にGoogle Mapに起こしました。1891年に生まれ、国内に数百の作品を残し、1984年に死去。私の生まれた年続きを読む…

地図

【地図】高速道路のパーキングエリア、サービスエリアと建築家マップ

 どもども。暗室「Darkroom」からデジタル現像は「Lightroom」と名付けられたことを知ったYanaiです。銀塩写真の現像は暗室(Darkroom)で行うことくらいはもちろん承知でしたが、その対比として「デジタル写真の現像を『Lightroom(明室)』と命名しよう!」続きを読む…