タグ: パース

ニュース

【話題】エヌビディア社の新社屋がポリゴンポリゴンしててかっこいい

 人工知能(AI)と言えば今最も注目される技術のひとつ。AIを実現するためには超高速で処理させなければなりませんが、それを実現するのはGPU。GPUを作っているメーカと言えばNVIDIA(エヌヴィディア)です。PCをやってる人は長年お世話になっている企業のひとつといえますね。最近続きを読む…

CG・プログラミング

【話題】海外では畳を壁や天井にも使うらしい? と聞いて試しに部屋を造ってみる(UE4)

 ネットかテレビか忘れましたが、畳店が特集されていていました。理由は「海外受注を伸ばして業績を伸ばしている」だそうです。今ではほとんどが海外向けに製造しているとのことで、その時のやり取りで気になったのが「海外の顧客は畳を床だけではなく内壁や天井にも利用するらしい。」という一言。(続きを読む…

写真

【写真】ツバキ城/藤森照信+大嶋信道

 東京都は都内でも大島でございます。谷口酒造さんのお店におじゃま。  見た目は平屋ですが、中に入ると1階が店舗でスキップフロアみたいな形で2階が形成されていました。2階が事務所という構成。  屋根は芝生で全面を覆い、外壁は鉄平石から芝生が顔を出し、内壁は全面が白の漆喰で仕上げられ続きを読む…

写真

【写真】大阪府立近つ飛鳥博物館/安藤忠雄建築研究所

 大阪の安藤建築といったら個人的にはこれが一番気になっていました。大阪府立近つ飛鳥博物館におじゃま。古墳時代の古墳とその当時の物品や文化を見学できる専門の博物館です。車じゃないとちょっと行きにくいのよね。  外観は全体的に古墳をイメージしていて、もちろん全体コンクリート造です。段続きを読む…

写真

【写真】北九州市立中央図書館/磯崎新アトリエ

 磯崎新氏が手がけた建物でも70年代の代表作のひとつ、北九州市立中央図書館におじゃま。  北九州(福岡、大分)は磯崎建築が、しかも最も活躍した時期の作品が集中していることでも知られていますが、私はここが特に気になりました。なんといっても外観が独特で、色合いこそ懐かしい雰囲気があり続きを読む…

写真

【写真】千里阪急ホテル/浦辺鎮太郎

 地下鉄御堂筋線の最北端へ――と言っても新大阪駅から15分くらいです。千里ニュータウンの東側にある千里阪急ホテルにおじゃま。    1970年竣工、開業。既に千里ニュータウンは出来上がっていましたが、当時の集合住宅は狭いこともあり来客用として期待されていました。  設計は倉敷アイ続きを読む…

写真

【写真】群馬県立館林美術館/高橋てい一

 群馬県立近代美術館とハラ・ミュージアム・アークは磯崎新氏、福沢一郎記念美術館は柳澤孝彦氏。県立ぐんま昆虫の森は安藤忠雄氏、富弘美術館はaat――となにげに群馬県は有名建築家ミュージアム天国でありまして、当然ですが都市部とは異なり周囲に高層建築物もなく自然との調和が素晴らしく見応続きを読む…

写真

【現像】建築の正面写真を手持ちで完璧に撮るために

 たまにはこういう話題もしなきゃですよね。ということで。これからは撮り方とかも織り交ぜていきます。  一般の方で、屋内にお邪魔することまではできますが、どでかい三脚を立てて! シフトレンズ装着のカメラを用意して! 水平・垂直を念入りにセッティングして! さあ思う存分撮影せよ! な続きを読む…

写真

【写真】国際芸術センター青森/安藤忠雄建築研究所

 東北は北端の青森です。気になる舞台がありましたので、おじゃま。  四季のアーケード、展示棟、創作棟、宿泊棟の4つから成っています。  アーティスト、学生、市民の間での交流を図りながら青森独自の新しい芸術文化を作り上げることを目的として設立されたそうです。 &#01続きを読む…

写真

【写真】枚方T-SITE/竹中工務店

 2016年5月16日にオープンした関西初のT-SITE。代官山、湘南に続き3店舗目です。  何で枚方市なのか? と思うところですが、CCC創業者の増田宗昭氏の出身地が大阪府枚方市であることと関連しているみたいです。  発表会では増田氏自身がプレゼンしたりと、かなり思い入れがある続きを読む…

写真

【写真】岡山大学 Junko Fukutake Hall/妹島和世+西沢立衛/SANAA

 先日紹介したなかまちテラスの図書室でSANAAの割と最近の作品の本を見ていたら、すごいバランバランな屋根の集合体のような面白い建物があり、見てみたいと思ったのでおじゃま。  もう岡山に来るのは何回目でしょう・・・飽きさせてくれません。  PS.父さん母さん、また大手まんぢゅう買続きを読む…

現像・レタッチ

【現像】逆あおり補正をしてアクソメみたいな画を楽しむ(Lightroom)

 こんな言葉ないのかと思いますが、勝手に作るw  上向きの画角に対してのあおり補正がいわゆる「あおり補正」なのであれば、下向きの画角に対してのあおり補正を「逆あおり補正」と呼ぶことにしましょう。わかりにくいので。  建築写真を見ていると逆あおり補正ってほとんど施されていないようで続きを読む…

写真

【写真】宝積寺駅/隈研吾建築設計事務所

 年末の帰省のタイミングで寄ってみようと思っていたので、先日行ってまいりました。  宝積寺駅に着いて、電車を降りるとごく普通のホームなのですが、階段を登るところから天井がすごいことになっています。  天井は木を格子状に組んだもの。壁は木毛セメント板。  後日ご紹介の、駅前に建つ地続きを読む…

写真

【写真】金沢駅/トデック

 北陸新幹線の開通により、東京-京都間と同じ時間程度で行けるようになった金沢市。歴史的建造物とセンスの良い現代建築が同居する街のイメージが強かったので、早速行ってみました。  御存知の通り駅を出れば鼓門がどどんと迎えてくれます。 外観 View image | gettyimag続きを読む…

写真

【写真】最高裁判所/岡田新一

 日本の中枢地区の建物にフォーカスしたことがなかったので、エイヤッ!で行ってみました。時期が時期だけに(?)物々しい雰囲気でしたが、とりあえず散策したところ、一度閉じ込められたら絶対抜け出せなさそうなほど堅牢なコンクリート建造物がありました。  裁判所と聞くと建物に関してはひたす続きを読む…

現像・レタッチ

【撮影】アオリ補正を前提とした建築写真の構図の決め方

アオリの件は何べんか紹介させてもらいましたが、じゃあ、撮っている最中に注意することがいくつかあるのではないか!? と思われた方もいるのではないでしょうか。 頭が下がります。なんとなく分かってきた方も多いと思いますが、そうです。そうなんです。あります。 Method 続きを読む…

現像・レタッチ

【現像】アオリを補正して建築写真らしく

おばんどす。眼・肩・腰にダメージ蓄積中のYanaiです。こうなったら・・・作戦を「いのちをだいじに」に変更しなければならないでしょう。 さて、みなさんも旅行に行ったときなんかに歴史的建造物や新しい商業施設などの建物の写真を撮られていることかと思います。 これはこれで、いい思い出で続きを読む…