タグ: 博物館

写真

【写真】高知城歴史博物館/日本設計

今回は初の高知へ遠征に行ったわけですが、かっこいい建物が結構あるのは予想がつくと思われますがメシがうまいと来た。うまいとは聞いていましたが個人的にもめっちゃ相性が良い味付けで大満足の遠征となりました。 さて高知に行ったメインはこの建物。計高知県立高知城歴史博物館。外観がすごく素敵続きを読む…

写真

【写真】MIZKAN MUSEUM/NTTファシリティーズ

 ちょっとアクセスが難しい立地ですが、和風のなかの和風、やっぱり気になって仕方がありません。しかも受賞歴も半端じゃない数です。予約制でしかもだいたい埋まっている人気施設となればやっぱり行くしかないでしょう。ということで愛知県半田市にあるミツカンミュージアムにおじゃま。  ミツカン続きを読む…

写真

【写真】ヤンマーミュージアム/日本設計

 ヤン坊マー坊が失踪して早5年(違います引退です。)、どうしても彼らの元気な姿をこの目で確認すべく、滋賀県は長浜市にあるヤンマーミュージアムに突撃おじゃま。  ヤン坊マー坊天気予報は日本人の95%くらいが知っている超有名兄弟で誰もが知るところですが、1959年から踊りの仕事を始め続きを読む…

写真

【写真】静岡県富士山世界遺産センター/坂茂建築設計

 初夢で千代の富士・加藤鷹・なすびの3人を見ると縁起が良いとは言ったものですが(違)、やっぱり富士山を見ると心が洗われますよね。そんな富士山を額縁に収めたかのようなフレーミングでじっくり鑑賞できる施設、静岡県富士山世界遺産センターが2017年12月23日にオープンしました。この建続きを読む…

写真

【写真】史跡金山城跡ガイダンス施設/隈研吾建築都市設計事務所

 戦国期、関東七名城のひとつとされていた金山城。今は日本100名城のひとつですが、その麓に美しい金山城をモチーフとした隈建築が群馬県太田市にありますのでおじゃま。新田一族であった岩松家純によって築城されました。2009年5月31日に会館した金山城の博物館と市民のコミュニティセンタ続きを読む…

写真

【写真】国立民族学博物館/黒川紀章建築都市設計事務所

 大阪は万博記念公園の中央にある国立民族学博物館:略してみんぱくが気になりおじゃま。この博物館は世界の文化人類学、民族学を専門としていて、広大な展示スペースを擁しています。 2008年7月現在:閉館中  先月の震度6弱の地震により緊急閉館中でして、展示物が破損したりと被害を受けて続きを読む…

写真

【写真】西宮市貝類館/安藤忠雄建築研究所

 兵庫県は西宮のベイサイドにも安藤建築があることを知っておじゃま。  西宮浜という人工島があるのですが、(主にマリーナ目的で行く方が大半だとは思う)貝類専門の博物館。建物はこじんまりとしていますが2,000種類の貝が展示されています。  入場料は200円。さすが市営。  ちなみに続きを読む…

写真

【写真】GCプロソミュージアムリサーチセンター/隈研吾建築都市設計事務所

 閑静な住宅街に何事もなかったかのようにいち区画に建っている、木材の格子にひたすら覆い尽くされた不思議な建物におじゃま。ジーシー社の研修施設です。  ジーシー社は非上場ということもあってか、製品が縁の下の力持ち的なポジションのためか聞き慣れないと思います。  一言で紹介させてもら続きを読む…

写真

【写真】五條文化博物館「ごじょうばうむ」/安藤忠雄建築研究所

 いわゆるひとつのコンクリート製のバームクーヘンでしょう。奈良県は西中央端の五條市にある安藤建築です。  建物自体は市の内外に伝わる文化遺産を収蔵・公開するとともに、新たな五條文化の発信基地をつくろうという目的で1991年に完成しました。  建物  その名の通りごじょう続きを読む…

写真

【写真】九州国立博物館/菊竹清訓建築設計事務所、久米設計

 太いブルーの柱が印象的な日本最大の国立博物館です。なんと建築面積は160×80mもありますから、周りをランニングするだけで500m弱もあるわけです。  会館前に行っちゃったのですが、会館直後に入場すると、VIP待遇かと思うほどのていねいな挨拶でスタッフの方々が迎えてくださいまし続きを読む…

写真

【写真】和歌山県立近代美術館+博物館/黒川紀章建築都市設計事務所

 「和歌山ラーメンでも食べに行ったらバンギラスの背中でも見に行こうか」と言わずにはいられないほどのアグレッシブさを誇る外観の美術館が和歌山市街地にあります。2つ建物があって、隣接するもう片方の建物は博物館です。  黒川紀章氏の結構古い作品です。  刺々しく力強い外観  続きを読む…

写真

【写真】伝統芸能伝承館/隈研吾建築都市設計事務所

 隈研吾氏の相当昔の作品ですが、もちろんこの頃から和風建築―純和風も手がけています。    この日は珍しくレンタカーを仙台駅前で借りて、女川駅や水のを巡ってきたのですが、ちょっと遠いので時間が余ったら行こうとオプションプランで用意していたこの伝統芸能伝承館ですが、登米市に行って帰続きを読む…

写真

【写真】東洋文庫ミュージアム/三菱地所設計

 久しぶりの都内でしょうか。六義園から南に徒歩5分も歩けばあるのです、東洋文庫ミュージアムが!   東洋文庫は三菱の第三代当主岩崎久彌氏が1924年に設立した、東洋学分野での日本最古・最大の研究図書館だそうで、『世界5大東洋学研究図書館』のひとつとのことです。蔵書数はなんと100続きを読む…

写真

【写真】高志の国文学館/シーラカンスアンドアソシエイツ

 富山駅の南側にある、モダンでシャープな空間、リッチでワイドな庭園で話題の高志の国文学館におじゃま。  名前の通り文学をメインテーマにした場所ですが、映画、漫画なども充実しています。映画のロケ地にも使われることが多いようで、最近だと松本潤さん有村架純さん主演の映画「ナラタージュ」続きを読む…

写真

【写真】鈴木大拙館/谷口建築設計事務所

 金沢市には素晴らしい建物がまだまだあるわけでして。一日かけてじっくり回りたいものです、21美に行った次は鈴木大拙館にもぜひ行っていただきたいのであります。 鈴木大拙氏とは  私はすみません存じ上げなかったのですが、鈴木大拙(すずき だいせつ)氏は仏教界において世界的に有名な方で続きを読む…

写真

【写真】大阪府立近つ飛鳥博物館/安藤忠雄建築研究所

 大阪の安藤建築といったら個人的にはこれが一番気になっていました。大阪府立近つ飛鳥博物館におじゃま。古墳時代の古墳とその当時の物品や文化を見学できる専門の博物館です。車じゃないとちょっと行きにくいのよね。  外観は全体的に古墳をイメージしていて、もちろん全体コンクリート造です。段続きを読む…

写真

【写真】大阪府立狭山池博物館/安藤忠雄建築研究所

 狭山池のほとりに佇む安藤建築。土地開発史専門の博物館です。    ニッチな分野の博物館ですからそんなにたいそうなものではないのかなと思いきや、建物はでかく、広い。以後で紹介するお写真で建物を人物を比較してもらえるとわかりますが、まさに「ここは北斗の拳の中ボスキャラの住まいなんか続きを読む…

写真

【写真】TOTOミュージアム/梓設計

 トイレファン必見のTOTOミュージアムの建物がすごい面白いと聞いておじゃま。  ミュージアム内に入ってから「流~せ流せ♪ 流~せ流せ♪ 流~せぼくらのTOTO便器~♪」が頭の中で永久ループしてたあなたは私と同じ頭のタイプです! バーチャルギャラリー 続きを読む…

写真

【写真】龍谷大学 龍谷ミュージアム/日建設計

国内では初の仏教の総合博物館「龍谷ミュージアム」。西本願寺の東側:御影堂門を出てすぐです。門扉から外壁まであらゆる箇所のディテールにかなりの拘りがみられます。 ギャラリー  すべての写真をFlickrで見る。 使用機材   Nikon D600   N続きを読む…