タグ: 駅

写真

【写真】東急池上線戸越銀座駅/アトリエユニゾン

あけましておめでとうございます。今年は地元:福島に帰っても暖かかったのでブルブル震えながら寝ることもなく快適でした。一方でスキー場は大変だと思いますけれども。 超久しぶりの都内の建物におじゃま。一発目は木が印象的な駅舎です。東急池上線の戸越銀座駅。 行こうとすればいつでも行けるの続きを読む…

写真

【写真】湯河原駅前広場/隈研吾建築都市設計事務所

 ふらっと寄れる隈建築が神奈川の温泉街:湯河原にありました。湯河原駅前広場に温泉のついでにおじゃま。いや建築のついでに温泉だ!  湯河原駅の改札をでて徒歩5歩。工事の末に登場した木造のオープンな屋根。もう言わずとも隈研吾氏のそれだとわかりますね。コンセプトは「木のぬくもりと湯けむ続きを読む…

写真

【写真】日立駅/妹島和世建築事務所

 妹島和世氏の生まれ故郷である、茨城県日立市についに上陸。なんてったってここは彼女のホームタウンでもあり、妹島建築が点在するSANAAファンにとっては聖地のような場所なのです。張り切りながら行ってきました。  現在進行中のプロジェクトといえば日立市役所(第二期)がありますし、19続きを読む…

写真

【写真】アストラムライン新白島駅/シーラカンスアンドアソシエイツ

 2年ほど前に新幹線の車窓からちらっとナウシカの王蟲(オーム)の白バージョンみたいな物体が見えて…気のせいかな最近毛虫が木からいきなり落ちてきたあの事件が心のどっかでトラウマに残ってるかしら…なんてごまかしながらもずっと気になっていたのでちょっとそわそわそ続きを読む…

写真

【写真】上野毛駅/安藤忠雄建築研究所+東京急行電鉄+大建設計

 「うえのげ」と読みたくなる気持ち、分かりますが「かみのげ」駅なのであります。環状8号線と上野毛通りが交差する立地にどかんと1枚の巨大屋根を持つ駅が2011年に登場しました。しかも真ん中に穴ぽこが空いているというデザインです。東急大井町線 上野毛駅におじゃま。  二子玉川駅から多続きを読む…

写真

【写真】女川駅・女川温泉ゆぽっぽ/坂茂建築設計

 東北は宮城県、仙台市からほぼ真東に太平洋が見えるまで直行すると、女川町(おながわちょう)にたどり着きます。この町には世界の頂点の証とも言える『プリツカー賞』を獲った日本を代表する坂茂氏が設計した建物があります。女川駅です。  2011年の震災により街は深刻な被害を受けましたが、続きを読む…

写真

【写真】一宮市尾張一宮駅前ビル/山下設計

 旅の終わりは尾張の國で――もう現地の人が小学生の頃に死ぬほど言ったであろう怖い話よりも寒くなるだじゃれをかましてしまいましたが、2012年に建てられた尾張一宮駅前ビルにおじゃま。JR名古屋駅から快速でひと駅というのが嬉しい。  コンコースは東西に貫通していて、東口の出口付近に入続きを読む…

写真

【写真】竜王駅/安藤忠雄建築研究所

 県の特産物でもある『水晶』や『信玄堤の聖牛』をイメージした三角形や円形の切込みが入った巨大な屋根が印象的な竜王駅におじゃま。  甲斐市は平成の大合併によって竜王町・敷島町・双葉町の3町が甲斐市として生まれ変わった都市です。合併後の整備事業の中核としてこの竜王駅の階層が位置づけら続きを読む…

写真

【写真】JR岐阜駅北口駅前広場/テイコク

 ぎふメディアコスモスに行った日の帰り、もう暗くなってしまったので夜景でも見ようかなと、近くの岐阜シティ・タワー43の展望台へ。ひときわ岐阜駅の存在感に目をひかれました。夜しか撮影していませんが、十分に満足いくこと間違いなしです。  2001年1月から着工し、2008年9月竣工と続きを読む…

写真

【写真】高尾山口駅/隈研吾建築都市設計事務所

 紅葉狩りも一段落――もうお気づきの方も多いかと思いますが、京王高尾山口駅がリニューアルされました。大きな木の屋根がインパクトありますね。高尾山薬王院をイメージしたとのこと。  木材はスギを使用。スギは東京都指定天然記念物で、スギ並木になぞらえています。  隈氏は     「薬王続きを読む…

写真

【写真】宝積寺駅/隈研吾建築設計事務所

 年末の帰省のタイミングで寄ってみようと思っていたので、先日行ってまいりました。  宝積寺駅に着いて、電車を降りるとごく普通のホームなのですが、階段を登るところから天井がすごいことになっています。  天井は木を格子状に組んだもの。壁は木毛セメント板。  後日ご紹介の、駅前に建つ地続きを読む…

写真

【写真】京阪電鉄中之島線 なにわ橋駅/安藤忠雄建築研究所

 おばんです。最近『魔術師たちの心理学』という本を借りたのはいいのですが、100ページ目くらいまできて「あ…これ、前に借りたやつだわ。」と気づいたYanaiです。いやそれだけならいいんですけどね。問題は他にあってですね…実は3回目なんですよ(^_^;) そう。このくだりを1回経験続きを読む…