【CG】巨大な六角籠目の建物を造る【UE4】

Pocket
email this

 CG建築物をなにか造りたいシリーズ。今回は住宅ではなくてミュージアム的な建物を造ってみたいと思います。江戸切子のような木造ファサードが特徴的な建物を検討してみました。

 元々は障子戸の柄として造ったのですが、イマイチ気に入らないからボツにして、その後使い道が見つからなかったCG廃材を再活用。

 まあ基本設計はまんまミラノ国際博覧会2015(Milan Expo 2015)のUndurraga Deves ArquitectosのChili Pavilionですけど。これ見に行きたかったなあ。


Photo from #Chile #Pavilion #Expo2015 – Pinterest

2019/7/30 プロジェクト公開しました

ダウンロードからどうぞ。

ダウンロード (Downloads)

やってみよう

今回もUE4エディタ内のBSPブラシのみで造るSpeed Level Design方式でいきます。

Blenderで一部パーツを造る

とか言っといていきなりモデリングします(笑) 籠目のところは相当面倒なのでここだけはBlenderで造ります。
1本長い木材を作って、60度、120度に回転したものの3本を用意してツールで複写します。端の余った部分は[ブーリアン]で除去しましょう。

FBX形式でエクスポート。Kagome.fbxとして出力します。トマトケチャップではありません(違)

UE4エディタで造る

Kagome.fbxをUE4にインポートしてスタート。
幅2m×高さ1mとして作成していますが、6倍に拡大して12x6mにしてみました。幅に対してはこのパーツを2つ並べて24m、奥行は12m。つまり24×12mの建物としました。巨大にするつもりですが学校のプールくらいの大きさに。大したことないかも。

これだと明らかにひ弱なので太い角材で籠目を覆って構造体のように見せました。この辺はブラシを並べるだけですので楽勝。これでファサードはOK。

次にコア部分を造ります。どうしようかな。
基礎は2本のコンクリートの柱を2本×4箇所に設置。

本物のChili Pavilionはコアの外装にも木で構造体を形どっていますが、今回はそこまでしないでガラス窓としちゃいます。
単純にでっかくて薄いBSPブラシを用意してガラスのマテリアルを適用。4枚配置。

あとは内部にもコンクリートの柱を通わせます。客が十数人入ったら崩れますねこれは。
内部は3階層として地上は全ピロティの地上4階建にしました。床はフローリング。外見を楽しむものとしたいので内部はこれ以上いじりません。

外装の木の部分はどうやって支えているのかですって? 未来の力です。

あとは周辺をそれっぽく造ってみます。
巨大な地面とSkyboxを置き、舗装道路を2本配置します。道路脇のブロックは購入したオブジェクトから切り抜いてマイグレーションしました。

樹木も購入したオブジェクトです。UE4の無料コンテンツでも良いかと思います。
樹木の生え際には土を。これはStarterContentの土のマテリアルです。これだとちょっと雑かな?

最後に入口用のスロープを設置。

仕上げに人物のビルボードを置いてみました。
マネキンを十数人配置してランダムに歩かせる方式に変えたいなあ。やり方勉強しとこうかな。

完成

 いかがでしょうか。
 次回はこれを使って遊んでみます。

参考サイト

Chile Pavilion Expo Milan 2015 – Undurraga Deves Arquitectos

【CG】巨大な六角籠目の建物を造る【UE4】” への3件のフィードバック

コメントを残す